ご賛同いただける作家さんへ(随時募集)

ご協力いただきたいこと

日常使いの器を上代の3割でのご提供
 種類は問いません
 (第1回、2回目の支援では特に使用頻度の高い、湯呑、飯椀、皿に限定していましたが、
 現在ではそれ以外の器のニーズが高くなっています)
 *個数の目安は30個程度で、
 「揃い」である必要はありません。また個数の増減はしていただいて構いません。
 (お支払できる資金の都合はありますが、 増やせる場合はご相談ください。
 また、お気持ちで増やしていただけるのは大歓迎です)
 
・B品や半端ものの無償提供
 この場合は種類、数などは問いません。余分に作られた作品や揃い外れのものなどございましたら、ぜひよろしくお願いいたします。また、器だけでなく被災地ではちょっとした花器や飾りなど、こころにゆとりを与える焼き物などもとても喜んでいただけます。
 
・メッセージ(任意です)
  報告書の寄せ書きに掲載します。 
 
・陶器市での募金箱の設置協力、ギャラリーなど募金箱設置の協力店のご紹介
  (販売テント内に設置可能な場合、ご協力いただけましたらありがたいです)
 今回の地震で益子も被災し、お願いするのが大変心苦しいのですが、支援ということで上代の3割の価格でのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
注記
 1)被災地へは益子の陶器市終了後、準備梱包して持ってゆく行く予定ですので、6月末、11月末を
  目処にご準備をお願いします。 収集、梱包日の予定などは随時HPまたはメールにてお知らせ
  いたします。
 
 2)仮設住宅が無くなるときまでをひとつの目標に続けてゆきますので、どこから参加していただいても
  結構です。
  新たにご賛同いただける方はぜひ「お問い合わせ」からご連絡ください。  
 
 

What's New

 

  「ニュース」を更新しました。(2017/4/11)